2006年06月17日

『風船ガム』

キャプストの『風船ガム』はね、さすがに土銀変換無理だろうと思ってたんですが…

 

絶望と痛みでフリーズさ

ざあざあと 雨が注ぐ日は 上着脱ぎ君の傘になる

 

土砂降りの雨の中立ち尽くす銀ちゃんに、土方は隊服の上着を脱いで乱暴に頭からかぶせてやればいいんだ(*´Д`*)  なんて思いつつ早一週間強。時の流れは加速していると思います助けて丞太郎!!!!

 

しかもこれ思いついたの学校帰りの電車に乗る寸前だったからね確か。(電車待ってる間ケータイで歌詞を眺めてた)。一瞬にやけたかもしれないからね今思い出すと。

あ〜今週の初めに行って確認したいわ私電車のドア開くと同時に吹いた気がするもの…

そういやCDの銀さん(白黒で小さくてわかりにくかったんだけど)セクシーだったような。 それ故これもしっかり読者プレゼントに応募してますよw

 

 

ちなみに歌詞↓

 

 

風船ガム/キャプテンストライダム

作詞:松本隆 作曲:永友聖也

 

バタバタと心の 扇風機が回るよ
途切れた会話の切り取り線 点 点

鉄棒に逆さまに ぶら下がり 空色のキス

頑張れと走るスクーター 俺達の日々も巻き戻る


風船ガム Ku-cha Ku-cha
駄洒落っぽく生きても  魂の切っ尖は ピカピカに鋭い
風船ガム ぱちんって 弾けたら出かけよう

俺たちの美意識を 見せつけてやろうぜ


空っぽな気持ちを 息遣いで満たして
しぼんだ未来も 毬のように跳ねるよ

屈折で沈んでた まなざしさえ もうピアノ線さ


流れゆく水を手にすくう  透明に澄んだ生き方を



あーパンクな チャンバラ
人生なんて  んー遊ばなくちゃ


息切れがOSの時代だね  絶望と痛みで フリーズさ

ざあざあと雨が注ぐ日は 上着脱ぎ君の傘になる


風船ガム Ku-cha Ku-cha  ポケットは空っぽ
百億YENつまれても プライドは売れない
風船ガム ぱちんって 割れたならまた噛む

噛むほど味の出る しぶい奴気取って
俺たちの美意識  つらぬいてやろうぜ

 

 



sironeko_long7 at 17:52│Comments(0)TrackBack(0)銀魂 | 音楽

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔